2021年度WISC-Ⅳ研修会(初級編・応用編)℗

初級編では、WISC-Ⅳの概要、行動観察のポイント、解釈と検査結果から考える指導方針など、事例の理解に大切な基礎知識を学びます。
応用編では、解釈の基礎を押さえた上で、架空事例を交えた解釈・所見作成・フィードバックの仕方の習得を目指します。
そして、検査場面の行動観察や検査バッテリーから総合的に発達障害の特徴を理解し、学校や家庭での支援方法について学びを深めます。
安住先生の現場での豊富な臨床経験をご教授いただけるこの貴重な機会をどうぞお見逃しなく!
本研修会の参加方法はオンラインのみです。参加にはオンライン受講環境と、事前のお申込みが必要となります

当研修会は対面研修・オンライン研修ともに(財)日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士教育・研修規定別項2条(4)による研修ポイントが取得できます。(参加で2ポイント)
初級編と応用編のどちらかに参加の場合は2ポイント、両方に参加の場合は4ポイント取得できます。
本研修会は実技講習会ではありません。また、オンライン研修であるため検査用具は開示しません。

講 師
安住 ゆう子先生
日 程

定 員
【初級編】2021年11月15日~12月15日
【応用編】2022年2月20日~3月20日
【定 員】各回500名
参加費
10,000円
チラシ
こちらからダウンロードしてください(PDF)
2021年09月10日|申込受付中:オンライン研修